自分もパートナーも不満が残りやすい遅漏について

遅漏とは

まずはその定義について触れておきましょう。
簡単に言えば、性行為の際に運動を続けても射精まで至らないという状態を指します。
男性の自信を消失されてしまうばかりではなく、パートナーを傷つけてしまうことにもつながりかねませんので悩んでいる方も多いようです。

自慰行為が多いという方の注意や危険性

遅漏に対する対策についてですが、若い男性の場合は特に自慰行為による射精に慣れてしまっているという場合については比較的に解消されやすい悩みともいえるのです。
解消策は簡単で、自慰行為をしばらく止める・手で強い刺激を与えないように心がけることでおのずと改善させるケースが大半なのです。
これは、性行為の際に膣の刺激では射精まで至らないということが原因になっているためと考えられるためです。
ですので、深く悩む必要性はさほどないとも言えるでしょう。

中高年の遅漏問題について

自慰行為では射精はできるけれどパートナーとの性行為では至らないという「中高年」の男性も実は多いのです。
さまざまな要因はありますが、精神的な要素が強いとも考えられています。
運動そのものではなく、神経の作用が足りないために遅漏状態に陥ってしまうわけです。
この際、同時に「中折れ」にもなってしまうという場合もまた多いようです。

常日頃から妄想力をつけること

中高年ともなると長年連れ添ったパートナーとの性行為が多くなりやすいので、妄想する力やその背景にあるストーリーなどが不足しがちです。
これもまた遅漏の要因となりますので新たな刺激やストーリーを取り入れてみるというのもおすすめです。

十分に勃起状態に無いという軽いED症状の場合

軽いEDの症状が遅漏を招いているという可能性もあります。
肥満やストレスもしくは生活習慣病などがあるという場合は大きく影響しているでしょう。
治療薬もありますが、性欲そのものを高める作用はありませんので精神的な不満が残ってしまうかもしれません。
精神的な部分と機能的な部分のバランスを考えていくとよいでしょう。

今回は遅漏について考えていきましたが、いくつかの要因があることがお分かりいただけたかと思います。
自分自身がどのタイプに該当しているから考え対策をしていきましょう。